お尻が格好悪いとスキニーパンツが似合わない!スクワットで鍛える!

お尻がだる~とたれていると非常に格好悪い・・・ですよね。

頭が禿げていても格好悪いと考え、早め早めの対策と、友人から勧められた育毛サプリのアガルプを通販しました。

で話はお尻へ・・・格好悪いと意外と目立つお尻。

しかもお尻は意識しないと鍛えられない部位です・・・。

つまり意識して初めてやっと鍛えられるのがお尻です。

ですから何も考えずに日々の筋トレに取り組んでいてもお尻はなかなか鍛えられないのです。

お尻の筋肉とは、

骨盤の後ろの方から大腿骨にかけてを覆う大殿筋は股関節の動きにも関わっています、その為鍛えれば腰痛の防止にもつながります。

プラスアルファ上半身を真っすぐに保つトレーニングのため、同時に脊柱起立筋も鍛えられます。

女性のほうがヒップアップのために尻トレに励む傾向があるのですが、男性もスキニーパンツをカッコよく履きこなすためにも取り入れていくことがおすすめです。

お尻を鍛える為には古く昔からある筋トレが最もおすすめで、それがスクワットです。

そんなスクワットのやり方を少し変えるだけでお尻を鍛えるのに非常に効果が高くなったりします。

まずスクワットを行う際の注意点として背中が丸まらない様に常に意識を配っておくことを頭にいれておきましょう。

で、太ももを鍛える基本のスクワットの形は、上体を前傾して行います。

それだけを意識するだけでお尻回りへの効果を期待することが出来ます。

※もちろん背中が丸まっていない様に意識して!

そして同時に、背骨横の脊柱起立筋、太ももの裏のハムストリングスにも効果がありますのでさらにあなたが考えている以上に効果があります^^

基本的に筋トレはゆっくりを心掛けることがおすすめです、出来るだけ筋肉に負荷をあたえ限界以上に!を意識することで今以上に鍛えることができます。

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする